喘息は呼吸が困難になる病気ですが、過度の運動によって引き起こされる場合があります。起きた際は吸引器を使ったり、薬を飲んだりと対処法が比較的多い病気です。小学生に多くある症状ですが、体の成長とともに改善される場合が多く、将来的には完治するケースの多い病気です。ですので、それほど悲観的になるものではないです。ただ、喘息が酷いと喉を潰してしまう場合があるので、薬は症状がでたら必ず摂取するようにするのが賢明です。また、常に喉が潤うように水分補給は欠かせないものとなります。のど飴をなめるのも、有効的な手段といえます。また、子供の場合は、激しい運動を控えるように親が強くいっておく必要があり、子供だけで遊びに行くような状況を極力作らないようにするのが重要です。余程の事がない限り、命の危機に至る事はありませんが、ある程度の注意は常にしておく必要がありますし、子供の健全な発育のためにも、重要な事といえます。