愛車を買い取ってもらうときや、また売買時も印鑑証明という書類が必要になってきます。この印鑑証明に関して解説していきます。印鑑証明というのは、実印で間違いないということを裏付ける目的を持つ書面です。この書類がないのであればその印鑑が実印で間違いないことが証明できません。高額な商談になる車両の売買なのでどうしても実印が必要ですが、それと一緒に印鑑証明というものが要るのです。印鑑証明という書類を実際に発行するためにはまず印鑑証明をしておかなければなりません。印鑑証明書に登録する印は実印と呼ばれ、同じものが二つとないはんこである必要があります。この印を準備して、最寄の役場の担当部署に行くことで印鑑登録の手続きができます。印鑑登録をすれば、印鑑登録カードなるものを発行してもらえて印鑑登録をした判子は実印として使えるようになったということになります。印鑑証明、正式名称は印鑑登録証明書を交付してもらうには、役所の担当部署へ行き印鑑登録証明書交付申請書という書類に必要項目を書き込んで、印鑑登録カードを提示する必要があります。それから、自動交付機を使って印鑑証明書を交付することができます。印鑑証明そのものには有効期限などはないのです。ですからどんなに前の印鑑証明であってもその効力は半永久的に持続するということになります。ただ自動車買い取りの際には必要となる印鑑証明は三ヶ月以内に発行されたものでなければ無効になります。普通は有効期限を気にする必要はないのですが、中古車の売却の時は買い取り先の業者が有効期限を定めていますので、もしも車の売却を予定しているなら、あらかじめ持っておくとよいでしょう。